Ep 2. こうして人は写真にハマっていく?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

鶴田祐也が写真をはじめると言い出した。
そして急に呼び出された友人でプロフォトグラファーである
あきりんくろそんに問うた。
「あきりんのカメラを買った経緯を教えてほしい」と。。。
あきりんが現在使用中のカメラまでに行き着いた歴史とは!?
ってな訳で、「YOSSHA」Ep 2スタート!!!

登場人物

  • 鶴田 祐也

    根っからのロマンチスト

    大阪府出身、たこ焼きよりいか焼きが大好きな関西人。 俳優とモデルの垣根を越えて、映画やドラマ、舞台、CM、雑誌、スチール等、 幅広い分野で活動中。 カラオケの十八番はジャッキー・チェンの「英雄故事」 ヘッズ コーポレーション所属。

  • 黒田 明臣

    愛の戦士

    東京生まれ東京育ちのシティーボーイ 2013年頃より人物写真を中心に活動開始。 2015年より、発表作品が国内外にて評価され、商業撮影も手掛けるようになり、 現在は、プライベートワークで様々な人物写真を撮影する傍ら、広告・雑誌を中心に、幅広く活動中。

前回のつづき

鶴田 祐也
そもそもあきりんは何でカメラをはじめようと思ったの?
黒田 明臣
なんでなんすかね?
人生に退屈してて旅行をするようになって、そのタイミングでノリもあって買ったんですよ。
コンデジとかではなく、デジタル一眼レフっていうおそらくつるちゃんが買おうとしているであろう大きいカメラを。

で、そのあとにフランス旅行とかも色々控えていたので、まあ良いかなって。

鶴田 祐也
ん?うん。。。
黒田 明臣
で、そこから、まぁ紆余曲折あり
今のスタイルに落ち着いたというか
鶴田 祐也
え?最初からでかいカメラにしたの?
黒田 明臣
そうっすね
鶴田 祐也
それはもう最初からクオリティの高い写真を撮りたかったから?
黒田 明臣
んーというよりは、身近にいる別の友達が一眼レフカメラを持ってたんですよ
鶴田 祐也
ほう!
黒田 明臣
それが10万くらいするっていうのを聞いて、
カメラってそんな高いもんなんだっていう発想がそもそもなくて。
でもまぁそれを買ってみるのも一興かなと思って買ったんすよね。
鶴田 祐也
へ~
黒田 明臣
なので写真のクオリティがどうこうってのはあまり気にしてなかったですね。
そもそもどのくらい違いがあるのかもわかっていなかったので
鶴田 祐也
ちなみに何てカメラなの?
黒田 明臣
NikonのD90って機種です
Nikon D90 http://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d90/ ※画像提供元 nikon-image.com
Nikon D90 http://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d90/ ※画像提供元 nikon-image.com
鶴田 祐也
ほうほう。
ちなみになんでNikon D90にしたの?
その友達がNikonだったとか?
黒田 明臣
その友達はCanonでしたね。
何かを買うってなったら鬼の如く調べる性格なんですよ、損したくないので。
なのでものすごく悩みながら決めましたね。
鶴田 祐也
あきりんらしい(笑)
それで悩みぬいた末Nikonに決めて、カメラ屋さんで買ったの?
黒田 明臣
そうですね。友達と行ったんですけど、行くときも買うかどうかは決めてなくて、
触ってみたいなくらいの感覚で。
そしたら結局その時一緒に行った友達が、自分みたいに調べ尽くしていたわけでもないのに、
あっさりCanon買ったので「自分は別のでいこう」と思ってNikonにしました(笑)

つるちゃんは性格的に悩むのかあっさり決められるのか読めないですね〜

鶴田 祐也
なるほどね(笑)
そもそも今のところ買う気もしてないからね。
黒田 明臣
あれ(笑)
鶴田 祐也
それで旅行用にカメラを購入したって言ってたけど
フランス旅行では何を撮ったの?風景?人?
黒田 明臣
世界遺産的なとことか。。。
今撮るようなストリートスナップは全然撮らなかったですね。
もうできるだけ「人」をどかして撮ろうとしてました
鶴田 祐也
そっか(笑)
でも今は「人」を撮ることが多いじゃん?
それは撮って行く内に「人」に興味がわいたの?
黒田 明臣
まぁそうっすねぇ。
当時は写真そのものに興味がなかったんで
「人」を撮るという発想がなかったというか
鶴田 祐也
じゃあ何で写真を撮ることに興味がわいたの?
今はだってもの凄いペースで写真撮りまくってるじゃん?
黒田 明臣
いやー、テンション上がっちゃったんでしょうねぇ
鶴田 祐也

それは大好きな人ができて、その人を綺麗に撮ってみたいとか
友人をかっこよく撮りたいと思ったとかではないの?
黒田 明臣
あー全くないですね
鶴田 祐也

黒田 明臣
今思い返してみれば
映画や絵画とか綺麗なものが好きっていう感情はあったので、
そういう自分がもともと持っていた情熱と自分がやるべきことがリンクし始めたっていうか。
写真を撮るときは記録として綺麗に撮れていればいいなレベルの話だったのが、
だんだん人様に見せるために撮るスタイルに変わっていったんです
鶴田 祐也
自己満足で終わらせるのではなく、
人が見ても良く見える写真を撮ることに拘りだしたと?
黒田 明臣
そうですね。
なんでだろ、まぁSNSの影響は大きいかもしれないですね。
撮った写真をアップすれば何らかの反応がある訳じゃないですか?
そのあたりはたぶん大きいですね。
鶴田 祐也
なるほどね。
で、いつぐらいから海外のコンテストに応募しはじめたの?
黒田 明臣
ええと、買ってしばらくしてからフランス旅行をしたんですけど、その時に撮った写真で
富士フイルムの銀賞みたいなものをもらって
鶴田 祐也
え?はじめて買ったカメラで撮った写真で?(笑)
黒田 明臣
はい、風景で。まあでも旅行行く前にディズニーランドで撮ったりはしてたんですけど。
富士フィルムフォトコンテスト 自由部門 入賞作品
富士フイルムフォトコンテスト 自由部門 入賞作品
鶴田 祐也
もういきなり、いいカメラ買って、写真撮って、
賞も獲って?
黒田 明臣
まぁそうっすね。笑
鶴田 祐也
そうするとやっぱりNikon D90にして良かったって思うの?
黒田 明臣
いやー、それが当時はCanonに変えたいって思ってましたよ。今みたいに現像とか覚えてないし
覚えようとも思ってなかったんで、撮って出しのCanonの色にすごく憧れたんですよね。
鶴田 祐也
そういう違いに撮るようになってから気づいていったんだ?
黒田 明臣
そうですね。最初は画質とかどうでもよかったですけど、たまたま一緒に買った友人がCanonで
こっちの色のほうが好きだなってなったんですよね。隣の芝が真っ青でした。
鶴田 祐也
買ってからもそういう悩みがあるんだね、寒気がするよ(笑)
黒田 明臣
ありますよ(笑)いまはもう悩むことないですけど、当時は右も左もわからなかったので。
ただその時は、色の問題は「現像を覚えれば努力次第で調整できるはず」という結論に至って
それで隣の芝を青く見るのは自分の努力不足だな思うことにしました。
鶴田 祐也
でた!あきりんの中の鬼!(笑)
ちなにみこの賞を獲った写真は、
撮影したあとにパソコンかなんかで仕上げ?レタッチっていうのかな?そういうのはしたのかな?
黒田 明臣
あー、一応RAWで撮影をしていて現像工程はしていますが、何もしてないようなものですねえ。
鶴田 祐也
RAWってのは仕事の関係でなんとなく聞き馴染みあるね。あきりんはそれも独学で?
黒田 明臣
そうですね、そのあたりはカメラを買う前に、「このカメラは何が出来て何が良いのか」とかを
調べている過程で原理は学びました。
ただ実際に違いを体感してたわけじゃないので、盲目的にJPGの上位互換だと思ってRAW撮影してた感じですね。
鶴田 祐也
なるほどねぇ(笑)
後々JPGやRAW現像に関してもちゃんと教えてもらうことにして
話戻すけどその写真はさ、自分の中でも撮ったわりにいい感じだなと思ってコンテストに出してみたの?
当時は画質とかわからないって言ってたけど、なんかこの写真は良いみたいな感覚があったとか?
黒田 明臣
それはSNSにアップしたのを見た友達にすすめられたんです。
鶴田 祐也
ああそういうことか。
SNSにアップしたらかなり反響があって試しに出してみたってワケだね。
黒田 明臣
そうです。
応募するためにはプリントしなきゃ駄目で結構めんどくさかったんですけど、
出したらたまたま賞もらえて賞金が出て、
そのタイミングでまた良いカメラが発売されてたので、
もっと強いやつに乗り換えました
鶴田 祐也
おまえなんやねん!(笑)
黒田 明臣
あきりんくろそんです、はい
鶴田 祐也
わかっとるわ!(笑)

次回につづく、、、。

More from Yuya Tsuruta

Ep 7. 心のシャッター、開いてますか?

ISO感度(俺はアイソと...
Read More

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です