写真を撮ると、日常の中に隠れていた「感動」に出会えるかもしれない。 | 東京ストリートスナップ

Pocket
LINEで送る

心が動かされるような写真を見ると、「撮った人の見ている景色を見てみたい」と思うことはありませんか?でも案外その写真は、計算ではなく偶然撮れたものだったりするかもしれません。また、その景色はカメラで切り取る事で写し出される世界なのかもしれません。カメラを持って、そしてシャッターを切っていなければ、他の誰にも、もしくは自分さえ気がつくことができなかったかもしれない日常に隠された「心が動かされる一瞬」。そんな一瞬を日常の中から切り取り続けた富久浩二(@tomhati)氏が撮影したスナップ写真をご紹介します。

写真を撮ると、日常の中に隠れていた「感動」に出会えるかもしれない。

毎日多くの人々が行き交う道。そこで繰り返される日々の中にある二度と繰り返されない一瞬。あらゆる偶然が重なりあった時に生まれるその一瞬が、カメラを構えてシャッターを押したことにより永遠に。

もし日常が平凡や退屈に感じるのなら、まだ隠れている「感動」に出会えていないのかもしれません。

日常の中でこんな瞬間を沢山切り取ることができたら、毎日が楽しくなりそうですね。でも、良いシャッターチャンスを見つけすぎてとても忙しくなるかもしれません(笑)

  • 富久 浩二

    引力に愛された男

    日々の通勤風景を主に、いつも見ている変わりばえのない、しかし二度とやって来ない一瞬の情景を大切にし、ちょこっと人が入った物語りのある写真をテーマ のもとに、人びとの優しく楽しい感情が伝わる事を目標に日々撮影している。子供の頃の目線、何と無く懐かしさを感じて貰える様に、ライブビューを使った 低い目線、思い切って背伸びをした様な高さからの撮影が特徴的。現在アドビ システムズ株式会社の本社とフォトグラファー契約を進行中。

2011 SONYフォトコンテスト最優秀賞
2011 イギリスのマガジンCamerapixioにて日本人初の掲載
2012 ナッジオのDaily Dozen2回選出
2012 インドのAPF Magazine Street Photographyにて日本人初の掲載
2012 イラクでの国際写真展に展示

Koji Tomihisa氏のその他作品はこちら

バックナンバー

もしも通勤や通学中にカメラを持っていたら世界が一変するかもしれない。

 

Pocket
LINEで送る

Written By