平凡な風景も、ファインダーを覗けば全く違う世界が広がっているかもしれない

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

いつも歩いている道、よく見る光景、もはや見もしない当たり前の風景。
そんな「当たり前」に、カメラを向けて見ると意外な発見があるかもしれません。

その発見を「当たり前」にしている富久浩二氏のファインダーを覗いた世界、どうぞご覧ください。

平凡な風景も、ファインダーを覗けば全く違う世界が広がっているかもしれない

風景の切り取り方で、こんなにも見える世界は違うんですね♫

  • 富久 浩二

    引力に愛された男

    日々の通勤風景を主に、いつも見ている変わりばえのない、しかし二度とやって来ない一瞬の情景を大切にし、ちょこっと人が入った物語りのある写真をテーマ のもとに、人びとの優しく楽しい感情が伝わる事を目標に日々撮影している。子供の頃の目線、何と無く懐かしさを感じて貰える様に、ライブビューを使った 低い目線、思い切って背伸びをした様な高さからの撮影が特徴的。現在アドビ システムズ株式会社の本社とフォトグラファー契約を進行中。

2011 SONYフォトコンテスト最優秀賞
2011 イギリスのマガジンCamerapixioにて日本人初の掲載
2012 ナッジオのDaily Dozen2回選出
2012 インドのAPF Magazine Street Photographyにて日本人初の掲載
2012 イラクでの国際写真展に展示

Koji Tomihisa氏のその他作品はこちら

バックナンバー

これが、富久浩二か

日常に隠れた「美」の撮り方

それは、きっと何処かで見ていた光景。

富久浩二、貴方はどこにいるのでしょうか。

聞こえるか、写真のよろこびが。

心に語りかけてくる風景

写真は、不朽の自由なり。

心が震えずにはいられない、この一瞬に。

誰にも気づかれなかった筈の物語が、此処にある。

僕たちは、この世界を見逃しているのかもしれない。

今日のありふれた日常は、僕たちが思っているよりもほんの少しだけ美しい。

私はこの風景から、目を離すことができない

視点を変えるだけで、ありふれた日常はこんなに面白い

きっとそれは、誰にでも思いついたはずの誰も思いつくことができなかった写真

何気ない日々に紛れ込んだ「美しい時間」を切り取る

Written By
More from HITOMIN

新製品カタログレビュー!ZEISS Loxia 2.4/85

こんにちは!ひとみんです...
Read More