目の前の光景を愛する「スナップ・ショット」という撮り方。

E-41
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

感覚を研ぎ澄ました者だけが目にする事ができる儚くも美しい光景。そんな光景を切り取り、写し出す「スナップ・ショット」という技法。
今回は、スナップ・ショットをライフワークとする富久浩二(@tomhati)氏の作品をご紹介します。

目の前の光景を愛する「スナップ・ショット」という撮り方。

風景との対話

わんちゃんがかわいいショットたち。

写真を普段撮る方はもちろん、写真をあまり撮った事がない方にとっても、何気無い景色が色鮮やかになるような素敵な作品ですね♪

  • 富久 浩二

    引力に愛された男

    日々の通勤風景を主に、いつも見ている変わりばえのない、しかし二度とやって来ない一瞬の情景を大切にし、ちょこっと人が入った物語りのある写真をテーマ のもとに、人びとの優しく楽しい感情が伝わる事を目標に日々撮影している。子供の頃の目線、何と無く懐かしさを感じて貰える様に、ライブビューを使った 低い目線、思い切って背伸びをした様な高さからの撮影が特徴的。現在アドビ システムズ株式会社の本社とフォトグラファー契約を進行中。

2011 SONYフォトコンテスト最優秀賞
2011 イギリスのマガジンCamerapixioにて日本人初の掲載
2012 ナッジオのDaily Dozen2回選出
2012 インドのAPF Magazine Street Photographyにて日本人初の掲載
2012 イラクでの国際写真展に展示

Koji Tomihisa氏のその他作品はこちら

バックナンバー

カメラを構え、何かが起きる可能性に賭け続ける「スナップ・ショット」の世界。

もしも通勤や通学中にカメラを持っていたら世界が一変するかもしれない。

写真を撮ると、日常の中に隠れていた「感動」に出会えるかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

Written By
More from HITOMIN

それは、きっと何処かで見ていた光景。

私たちも、きっと何処かで...
Read More