うさだぬ | MY PERSPECTIVE

うさだぬ | MY PERSPECTIVE

プロフィール

うさだぬ

1991年生まれ、2014年に景色写真を撮り始め、2016年にハウススタジオのカメラマンとして勤務、その後ブライダルフォトグラファーを経験。現在は広告系スタジオにて撮影について学びながらSNSで景色写真を発信している。

7つのキーワード

被写体

Hasselblad X1DⅡ
僕が主に撮影している被写体は風景です。風景は季節ごとにその姿形を変え、様々な感動的な情景を見せてくれます。また、季節による変化だけではなく、自然現象や人の生活によっても風景は姿形を変えていきます。だからこそ一瞬一瞬が大切で、惹かれてやまない被写体です。

機材

Canon 5DmkⅣ

カメラはCanon 5DmkⅣ、Hasselblad X1DⅡを使っていますが、風景撮影に欠かせない機材としてカメラ以外のものが重要になる場面が多いです。中でも特に必須なのが三脚、車、懐中電灯、レイングッズです。

まず三脚。絞り込んだ撮影や夜の撮影、花火など風景撮影には三脚が無ければ撮れないものがたくさんあります。僕が使っているものはManfrottoのギア雲台410というもので、形は3WAY雲台に近いのですが、ノブを回して微調整ができるため、ストレスなく思った通りの構図にカメラを構えることができます。自由雲台だとその名の通り自由にカメラを動かせるのですが、ほんの少しだけ動かしたい時などは自由雲台だと動きすぎてしまい、思い通りに決まらずストレスになることが多いので、僕はギア雲台を使用しています。

次に車です。基本的に公共交通機関が無いような場所や、夕方から深夜に朝焼けなど終電や始発が無いような時間に撮りにいくことが多いので、車は必要不可欠な機材と考えています。

また夜の撮影時、街灯もない暗い場所を移動する際には懐中電灯が必須になります。僕の場合、持っていくのを忘れがちなので車に常備してあり、ふとしたときに役立ちます。

最後にレイングッズです。雨の日や川、湖や海などの水辺での撮影時は長靴を重宝します。撮影予定地に思わぬ水たまりや小川などがあった際、長靴が車に積んであるだけで撮影の幅が広がります。雨や雪の時でもカメラ用レインカバーがあれば、カメラを保護しつつ撮影ができますし、いかにカメラが防塵防滴のものだったとしても、念のために使用しています。

理由

Hasselblad X1DⅡ
元々、物心ついた頃から絵やイラスト、演奏や作曲など様々な創作表現を続けていました。カメラを始める以前から日本の四季を表現したいと思っていて、それをストレートに表現できる手段として写真を始めました。何かを表現したいという想いが根底にあるので、写真も続けてこられたのかなと思います。

理想

Hasselblad X1DⅡ
将来的にはクライアントワークでは広告写真家として生活しつつ、パーソナルワークとして風景写真を撮り続けたいです。そのために今は広告系スタジオで働きながら写真を学んでおり、ゆくゆくは写真集を作って写真展をするような写真家を目指しています。僕は、写真を撮る以外に能が無いので、写真に関する仕事で生きていくしかない。そんな風に考えています。

発信

Canon 5DmkⅣ
自分が発信することもですが、様々なクリエイターの方(写真に限らず)が発信した作品に多大なる影響を受けているので、それがもしも無かったとすれば、自分はもっと違う何かになっていたかもしれません。これは傑作だ!というものが撮れたときに、人に見て欲しいと思うことはたくさんありますし、家族を撮った写真なんかは自分やその家族が見て満足するけれど、他人には見せないというような写真も増えてきました。なので、必ずしも撮ることと発信することはイコールではありませんが、SNSがあってよかったなと思います。

仕事

Hasselblad X1DⅡ
やりたい仕事としては、広告や宣材の撮影など、広報に携わる仕事をしていきたいと思っています。普段の風景撮影でライティングをすることはほぼありませんが、広告撮影ではライティングが命になってきます。ライティングを組むことに前々から憧れがありました。普段の僕の撮影とは全く違うライティングをメインとする撮影を本格的に学びたいと思い、広告撮影に興味を持ち始めました。そしていざやってみると、自分でライティングを組むことが楽しくて仕方ありませんでした。しかも、スタジオでのライティングをする知識は、風景撮影時に太陽の光を予測するのにも大いに役立っていたりと、光の原理がわかることで自分の作品にも、ライティングの知識がプラスに影響しました。

未来

Hasselblad X1DⅡ
今後やってみたいこととしては、個展を開いてみたいです。今までは合同写真展を1度したきりだったので、個展にもチャレンジしてみたいなあと思っています。そして、今後はみなさんにリアルな場で作品を見ていただける機会を増やしていきたいです。

うさだぬ氏 作品ギャラリー

MY PERSPECTIVE企画概要

MY PERSPECTIVEとは

Pocket
LINEで送る

Written By
More from Usadanuki

うさだぬ | MY PERSPECTIVE

1 うさだぬ | MY ...
Read More