ネガフィルム調!VSCO Film 05 デジタルカメラでフィルム写真のようなRAW現像!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

VSCO Filmを全て購入して紹介しましょうということで、ついにVSCO Film 05まできました。 @crypingraphyです。

VSCO Film 05とは

Archetype Films is a collection of mass market, consumer film emulations from the golden era of analog. With familiar fade and grit aesthetics, VSCO Film 05 captures the nostalgia of old childhood photos, and is great for portraits, weddings, and lifestyle photography.

http://vsco.co/store/film/05

昔ながらのネガフィルムを再現したシリーズだそうです。
フィルム時代を知らない自分としては、何が昔ながらで何がモダンなのか測りかねる所ですが、アナログの黄金期をエミュレーションしているということなので、馴染みのあるフィルムとも言えるかもしれません。例えば、Kodak Goldなんかはもう廃盤みたいですが、自分がフィルムを使いはじめた時はまだ売っていました。今になってどんどん廃盤になっていくフィルムもあるご時世ですから、こういうソフトウェアで再現でできるというのは大きいですね。

ポートレートやウェディング、ライフスタイルの写真なんかにオススメだそうですよ。

今回試したセット

使用機材

Fujifilm GFX50S, GF 63mm F2.8 R WR
富士フィルム クリエイトさんのご厚意でGFX50Sをお借りしていた時期があったのですが、その時に撮影した写真で試してみました。

Lightroom CC

Lightroom CCでの現像です。

元画像は何もしていないストレート現像のまま。カメラプロファイルはAdobe Standardですね。

カメラメーカー毎に用意されている

VSCO Film をインストールするとわかりますが、最初にカメラメーカーを設定する箇所があるので、ここで使用メーカーにチェックをいれましょう。

カメラキャリブレーション

正しいカメラを選択すると、このカメラキャリブレーション > プロファイルのところに適切なカメラプロファイルが設定されます。
他メーカーのプリセットを使用すると、ここがAdobe Standardのまま変化しないので気をつけてくださいね。

VSCO Film 05を試してみよう!

含まれているフィルムは以下のような種類です。多いですね〜

Included Films

Agfa Vista 100 – / — / + / ++ / +++ / Contrast + / Cool / Cool + / Portrait / Soft Highs / Vibrant / Warm / Warm +
Agfa Vista 400 – / — / + / ++ / Contrast ++ / Cool / Cool + / Portrait / Soft Highs / Vibrant / Warm / Warm + / Night/Tungsten / Night/Tungsten + / Night/Tungsten Alt
Agfa Vista 800 – / — / + / ++ / Contrast + / Cool / Cool + / Soft Highs / Vibrant / Warm / Warm + / Night/Tungsten / Night/Tungsten + / Night/Tungsten Alt
Fuji Neopan 400 – / — / + / ++ / +++ / Contrast + / Contrast/Fade + / Soft Highs / Night/Tungsten / Night/Tungsten +
Kodak BW400CN – / — / + / ++ / +++ / Contrast + / Contrast/Fade + / Soft Highs / Night/Tungsten / Night/Tungsten +
Kodak Ektar 100 – / — / + / + Blue / + Magenta / ++ / ++ Blue / +++ / Contrast + / Cool / Cool + / Soft Highs / Vibrant / Warm / Warm – / Warm +
Kodak Gold 100 – / — / + / + Alt / + Alt 2/ + Soft Highs / ++ / +++ / Contrast + / Cool / Cool + / Portrait / Vibrant / Warm / Warm +
Kodak Gold 200 – / — / + / ++ / ++ Alt / +++ / Contrast + / Cool / Cool + / Green / Portrait / Soft Highs / Vibrant / Warm / Warm +
Kodak Max 800 – / — / + / ++ / +++ / Alt / Alt + / Alt ++ / Alt Cool / Alt Warm / Contrast + / Cool / Cool + / Soft Highs / Vibrant / Warm / Warm + / Night/Tungsten / Night/Tungsten + / Night/Tungsten Alt
Kodak Royal Gold 400 – / — / + / ++ / +++ / Contrast + / Cool / Cool + / Soft Highs / Vibrant / Warm / Warm + / Night/Tungsten / Night/Tungsten + / Night/Tungsten Alt
Kodak Ultramax 400 – / — / + / + Green / ++ / ++ Green / +++ / Contrast + / Cool / Cool + / Soft Highs / Vibrant / Warm / Warm + / Night/Tungsten / Night/Tungsten + / Nigh/Tungsten Alt
Kodak Ultramax 800 – / — / + / + Alt / ++ / +++ / Contrast + / Cool / Cool + / Soft Highs / Vibrant / Warm / Warm + / Night/Tungsten / Night/Tungsten + / Night/Tungsten Alt

サンプルにした写真

これがストレート現像。
光が全体的にまわっている写真ですが、すこしアンダー目。
VSCO Filmを利用する際は元画像のコントラストや明るさが重要なので、そこは本来調整してから使用するのが良いですね。

今回は比較的適正に近い露出なので、ストレート現像で利用します。

作業工程

  • SOOC(撮って出し)にプリセットをあてただけ
  • 露出・コントラスト・ホワイトバランスもいじっていません。
  • (でも本当はホワイトバランスやコントラストや露出は写真ごとに調整したほうが良い)
  • (今回はたまたまピッタリ調整せずに合っただけ)
  • 一つのプリセットでは – / + / ++ の三種類で効果の強弱の違ったモノが用意されています。

それぞれのプリセットは、 – / — / + / ++ と四種類ずつ効果の違いが用意されています。
また、ものによっては、Contrast + / Cool / Cool + / Portrait / Soft HIghts / Vibrant / Warm / Warm + / Tangsten
/ Night など、これまでのVSCOと異なり多様なパターンが用意されていることもVSCO Film 05の特徴の一つです。

プリセット一覧

Agfa Vista 100


彩度が高く、赤みが強い印象。

Agfa Vista 100–


こちらは黄色みが強くなった印象。影の部分がかなり明るくなりましたね。

Agfa Vista 100++


粒子がわかりやすく影が緑がかっている感じが、いわゆるフィルム写真という感じがします。赤みが少し強いですね。

Agfa Vista 400


彩度とコントラストが高い印象。

Agfa Vista 800

Fuji Neopan 400


Fujiのフィルム。少しコントラストが高い印象を受けました。

Kodak BW400CN


こちらはコントラストが高くなりすぎていない感じがします。

Kodak Ektar 100


2017年、現在も販売中のEktar。少し高めですが個人的にもたまに使用しています。

Kodak Gold 100

Kodak Gold 200

Kodak Max 800


暗部が明るく、コントラストの浅いテイストに。黄色みが少し強い印象。

Kodak Royal Gold 400


こちらは実際のフィルムを使った記憶もありますが、近いような。

Kodak UltraMax 400

Kodak UltraMax 800


色に黄色が強く、極端に彩度とコントラストが強くなっているような印象です。フィルム写真というイメージには近いものがあります。

まとめ

以上、黄金期を担ったネガフィルムたち、VSCO Film 05 !

AKICO

ちなみにこれがVSCO Filmを使わずにレタッチしたもの。

Before / After

まとめ

VSCO Film 05で仕上げたスナップやポートレートたち。

VSCO Film で簡単 Lightroom レタッチ

さて、もうお家芸に近い内容になりましたが、VSCO Filmって何?という方はこちらをみてくださいね。

Lightroomでフィルム風レタッチ! VSCO Film を使用してみよう

VSCO Film チュートリアル

それではまた