これが、富久浩二か

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

こんにちは、XICO事務局スタッフのひとみんです。
今日は Koji Tomihisa さんの写真について紹介させてください。
東京カメラ部の10選にも二年連続(快挙)で選出されていて、下記にあるような華々しい結果を残されている方です。
しかしそれらの経歴を眺めても物足りないとすら思わせてしまう圧倒的な写真に、私、ハート持っていかれました。

This is Koji Tomihisa

  • 富久 浩二

    引力に愛された男

    日々の通勤風景を主に、いつも見ている変わりばえのない、しかし二度とやって来ない一瞬の情景を大切にし、ちょこっと人が入った物語りのある写真をテーマ のもとに、人びとの優しく楽しい感情が伝わる事を目標に日々撮影しています。子供の頃の目線、何と無く懐かしさを感じて貰える様に、ライブビューを使った 低い目線、思い切って背伸びをした様な高さからの撮影が特徴的です。

2011 SONYフォトコンテスト最優秀賞
2011 イギリスのマガジンCamerapixioにて日本人初の掲載
2012 ナッジオのDaily Dozen2回選出
2012 インドのAPF Magazine Street Photographyにて日本人初の掲載
2012 イラクでの国際写真展に展示

富久さんの写真を見て

1933年に日本を訪れたドイツの建築家ブルーノ・タウトは日本の桂離宮を初めて訪れた時その美しさに感銘を受けたと言います。
タウトによれば、日本文化の本質は、“簡潔”、“明確”、“清純”にあると語っています。
この写真も同様に「美」の本質を捉えた作品と言えるでしょう。

Koji Tomihisa

Koji Tomihisa

Koji Tomihisa

Koji Tomihisa氏のその他作品はこちら

3 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です