第12回 ヒーコセレクション結果発表

Pocket
LINEで送る

新生活が始まる4月。桜前線は九州から東北へと駆け抜けて参りました!そしてヒーコセレクションも重ねることなんと12回!今回もこれまでに負けない、非常に豊かなセンスや世界観に溢れた、数多くの写真が投稿されていました。主選者はなんと株式会社アマナイメージズ取締役/クリエイティブディレクターの松野正也氏!それでは、平成最後の第12回ヒーコセレクションに選ばれた作品をお楽しみください!

第12回

なにか気になる一枚

投稿アカウント名 不明

私は「寒干し大根」の文化や歴史に関して全く知識がないのですが、この作品から「何か」を感じました。

水分が抜けつつある大根の肌感、曲がりくねって垂れ下がった質量感。これはまるで幼少期一緒に風呂に入った時に目にした祖母の裸体・・・かもしれません。作者の意図に反し、こういった被写体は教科書や教材などで単にルポルタージュとして扱われる可能性もあります。しかしアートとして捉えると単なる「身近な大根の想定外の姿」が「裸」にも「爆弾」にも「死体」にもなります。観るものに対し、もう少しアートとして観られるヒントになるような表現の工夫があるとさらに良いなと思いました。

フォーカスしたい一枚

トモカズ ムカイ/tomokazumukai さん(@tomokazu_mukai)

被写体本人のあまり頑張ってない感じが、和やかな空気感を醸し出していて好きです。

表情が見えないところが想像を掻き立てさせてくれる可愛い作品だと思います。シンプルに親の目線ともとれるし、写真を観ている人に置き換えて考えさせてしまうようにも受け取れます。何気に青い鉄棒と、赤い服、茶色いブーツの配色も可愛らしさを演出していて心地よいですよね。ヌケがもう少しすっきり整理されていれば、被写体のポーズや空気感が引き立つかもしれません。

フォーカスしたい一枚(二枚)

みっくん さん (@mkn_417)

実は「グッドな一枚」として選ぼうとしたのですが、他が「○○な一枚」と言っているので、組写真を選ぶのはルール違反と思い「フォーカスしたい一枚(二枚)」とさせていただきました。

陽があたる温かい部屋の空気感と、人気(ひとけ)を感じるヌケ、モデルさんが撮られていることを意識してない感じが好きです。構図も落ち着いていて、何らかの広告にも使いたいなと感じました。

ただ、一枚目の完全に顔が隠れている写真では、特に目が行くポイントが無いのが少し惜しい気がしました。例えば腕の隙間から唇だけ、とかもしくは本だけとか、ボサボサの髪とか、二枚目につなげる伏線が何か感じられると、単なる時間の経過だけでなく、伝えたい想いや物語に奥行きが出てくると思います。

ベスト・オブ・ヒーコ

該当者なし

総評

デザインやストックフォトサイト運営を生業としているので、広告的な視点で選定しようと思ったのですが、そもそも投稿されている方々はご自身の作品が何かに使われる事を想定して撮影されていないはず。

なので、「個人的な好み」を軸に「独自のモチーフ・世界観がある」「伝えたい事を素直に表現しようとしている」と感じた作品を選出させていただきました。僭越ながらこのフォトグラファーと仕事をしたら楽しそう、と感じた作品でもあります。

選定対象の作品群は、どれも素晴らしく、改めてヒーコユーザーのレベルの高さを思い知りました。

今回はある意味優等生なチョイスとしましたが、「なにこれ?!」という興味深い視点の作品も多く、かなり選定に時間がかかりました。まだまだ世界は広い。

主選者:松野正也

プロフィール

松野正也

株式会社アマナイメージズ取締役/クリエイティブディレクター/日本写真芸術専門学校非常勤講師。1995年桑沢デザイン研究所卒業。デザインプロダクションで研鑽を積んだ後、アマナグループ入社。2016年より現職に就き、クリエイティブディレクターとしてコンテンツの調達とWEBデザインを統括する。

plus.amanaimages.com

amanaimages.com

ヒーコ公式LINE

詳しいヒーコセレクションへの応募方法はこちら

ヒーコLINEの楽しみ方!風景やポートレートといった写真・カメラ好きのための「写真投稿」「お悩み相談室」にみんな集まれ!

ヒーコセレクションの最新結果発表は公式LINEより配信中

ご登録がお済みでないかたはこちら♪
Pocket
LINEで送る

Written By
More from iamxico

第5回 ヒーコセレクション結果発表

秋が深まり寒さが近づくな...
Read More