RAWのワークフローやレタッチ術まで大公開!!丹野徹のセミナーが激アツな件について。

R-06
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

どうもこんにちは!
XICOスタッフでおなじみすーちゃんです。
カメラマンになるために地球という国に今日も今日とてやってきました。

今回はXICOの記事でおなじみ丹野徹さんのセミナーにいってきました!
その全容をざっくりとリポートしていきたいと思います。

セミナーへ向かう丹野さんに遭遇

セミナーの会場に早めに到着してしまい周りをウロウロしていると、
なんと丹野先生に遭遇!
思わずパシャリ!

x20161029L1040386

笑顔の奥に深い闇が感じられます。

3年XICO組、丹野先生!

キーンコーンカーンコーン※脳内再生
会場はさながら教室のようで、これから始まる授業に気持ちが引き締まります。

x20161029L1040419

この資料、タダでいいんですか?

会場に入るやいなやセミナーの資料が配られました。
厚さが半端じゃないです。
内容はデジタル画像の仕組みや色深度、レイヤーの見え方からレタッチ方法ここまでが序盤(この時点でヤバい)、
その後に記録メディアの規格についてやシステム構成、詳細、運用までのステップを丁寧に図解付きで解説されていました。
この資料を元にセミナーは進行。

x20161102L1050035-2

RAWの運用からレタッチまで

バックアップの方法や外付けHDDの善し悪しなどの説明をなさっていたかと思えば、
今度はPhotoshopでのレタッチ方法を伝授しだすという出し惜しみ全くなしの丹野先生。
なんとセミナー中に丹野さんが実践してくださったレタッチのデータは後日メールで送ってくれるとの事!
こ、こんなに尽くしてもらって良いのかな・・・

濃密な3時間、終了

終止丁寧に優しく教えてくださり、セミナーは終了。
セミナーが終わる頃には丹野先生が神様に見えました。

大切なものにやっと気がついた

難しい話もありましたが、とっても勉強になりました!
写真は撮るだけでなく、撮った後のデータの扱い方もすごく重要なんだなと気づかされました。
せっかく良い写真が撮れたとしても、
その写真をPCの内蔵ディスクにしか保存してないとそれが故障したらすべてパーですもんね・・・恐ろしい・・・

そんなこんなでデータ運用の大切さとプロのレタッチ術と贅沢三昧なセミナーでした!
XICOセミナー皆勤賞目指して、次回のセミナーも楽しみです♪

次回のセミナー

次回のXICOセミナーは浅岡省一さんの明日から使いこなせるライトルームセミナーですね!
私はライトルーム初心者なのでこのセミナーでじっくり勉強していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です