写真を生活の一部に。日々の暮らしを撮影し、思い出としてInstagramで発信する楽しみ方。

はじめまして、mina(@mina.wt)と申します。

普段は会社員をしていて、日々の暮らしをテーマに朝ごはんやコーヒー、おやつをカメラで撮影して、Instagramに投稿しています。

今回は日々の暮らしの中で私が感じる小さな幸せや楽しみについてお話をしていきたいと思います。 よろしくお願いします。

写真を生活の一部に。日々の暮らしを撮影し、思い出としてInstagramで発信する楽しみ方。

日々の暮らしにカメラを向けるようになった理由

写真を発信するようになったきっかけはInstagram

私は自然豊かな田舎町で家族と暮らしていて、自然に囲まれたのんびりとした土地柄のように『心穏やかな生活』を送ることを心掛けています。

また、家庭でも職場でもたくさん笑うことを意識するようにしています。笑うことでとても心が穏やかになるので、普段の生活をする上でとても大切にしています。

そして心が穏やかになることは、日々の生活に隠れている当たり前の幸せや楽しみを見つけやすくなると思っています。

「日々の暮らしの中で小さな幸せや楽しみを感じたい。」そんなことを意識するようになったきっかけは、なんとなく始めたInstagramでした。

Instagramは私にとって色々な希望が詰まった刺激的な空間で、その小さな空間には今まで私が気にしたこともなかったイロトリドリの暮らしを見ることができます。

その様々な素敵な暮らしの一部に触れたことで、「こんな暮らしをしてみたい!」といった憧れや夢、そして物欲がどんどん膨らんでいったことを今でも覚えています(笑)

日が経つにつれて、このワクワクした楽しい気持ちや夢を他の人にも感じてほしいと思い、私も自分の日々の生活を投稿するようになりました。

好きなものに囲まれた暮らしの写真

好きなものに囲まれて生活することは、私の暮らしのテーマのひとつでもあります。好きなものは日々の暮らしに豊かさを感じ、心を満たしてくれます。

みなさんも大好きなものに囲まれて暮らしていると、自然と丁寧に大切に物を扱うようになると思います。

好きなものを増やしていくことで、家の中の物が整理され、綺麗になり、自身の心にもゆとりが生まれ、それにより笑顔が増え心穏やかな暮らしに繋がると考えています。

カメラで切り取る生活のワンシーン

ここからは私が普段大切にしている時間に撮影した写真、そしてそのワンシーンをひきたてる撮影ポイントを合わせて紹介します。

朝食の時間

私は、普段から1日のエネルギー源となる朝食の時間を大切にしています。その中でも、心身ともにリラックスできる休日の朝は、私にとって貴重な時間となっています。

まず、私の休日の朝は窓を開けて掃除機を掛けることからスタートします。

せっかくのお休みの日で時間に余裕があるのだから、普段の時間に追われ手抜きしがちな朝食ではなく、すっきりとした台所で朝食の準備をしてしっかりと朝食を摂ることを心掛けています。

そんな想いから念入りに掃除をし過ぎてしまい、時間がかなり過ぎてしまうこともしばしば(笑)

圧倒的なパン派なので、私が選ぶ朝食はパンが多いです。パンのお供にいつも深煎り珈琲と一緒にいただきます。

そして朝食のモットーは凝ったものよりも簡単に作れる美味しいものを食べること!

休日くらいはと思い贅沢をしたい朝には、オーガニックの野菜や良質な食材を取り入れて普段よりちょっとだけ特別な朝食にします。

撮影ポイント

  • パンは断面を見せると美味しそうに見える
  • 大皿は一枚でメインに見せるとまとまりやすい
  • 食器の色を統一もしくは、メイン以外はガラスなどを使う

おうちカフェ時間

以前のように気兼ねなく外へ出掛け、カフェで食事をすることが難しくなったので、今では自宅でカフェの時間を楽しむようになりました。

スイーツは自分で作ることもありますが、話題のスイーツをインターネットでお取り寄せしたり、テイクアウトしたスイーツをお気に入りの器にのせてちょっと一手間加えてカフェの雰囲気を味わっています。

お気に入りのカフェでスイーツを楽しむ時間も好きですが、自宅で過ごすカフェ時間もおすすめです。

撮影ポイント

  • スイーツを2つ以上または珈琲器具を置くことで、写真のバランスを整える
  • 買ったスイーツの箱も撮っておくと、写真のお洒落さがアップするのでおすすめ!
  • スイーツが1つしかない場合は寄って撮ることで詳細を写す

珈琲時間

私がコーヒーを飲む時は、お気に入りの珈琲器具で丁寧にハンドドリップをしています。

コーヒーメーカーやで淹れる珈琲と違い、ハンドドリップは珈琲の芳醇な香りをより楽しむことができるので、それだけで気持ちが上向きになります。

最近はハンドドリップ以外にも、サイフォンやエスプレッソ。暑くなると水出しコーヒーなど、その日の気分で器具を選び珈琲時間を愉しんでいます。最近はオンラインで色々な器具を気軽に買うこともできるので、みなさんも是非トライしてみて下さい。

撮影ポイント

  • 淹れているシーンを組み込むことでリアル感アップ!
  • 寄りと引きの画像で入れる情報を変えると伝えたいものが詰め込める
  • 珈琲の器具も撮影の小道具として使うことでより珈琲時間を強調できる

暮らしの道具に囲まれる時間

道具は毎日使うものだからこそ使っていて気持ちが晴れるものがいい。そんな私の道具選びの基準は、心を満たしてくれるアイテムであることです。

お気に入りの道具に囲まれながらゆっくりと流れる時間はとても心地がよく、 日々の仕事の疲れを癒し、心と身体をリフレッシュしてくれます。

先程、好きなものは日々の暮らしに豊かさを感じ、心を満たすと書きましたが、私にとっての暮らしの道具も好きなものと同じように心や姿勢までも自然と清らかになり、満たしてくれます。

撮影ポイント

  • 引きで撮る時はあえて主役である道具をさりげなく写すことで生活感を表現する
  • 様々な角度から撮ることで、ワンパターンにならないように工夫する
  • 色とりどりの花を小道具として使うことで鮮やかさをアップ!

Instagram × カメラで生まれた楽しみ方

いかがでしたでしょうか。

私のInstagramでは主にこういった日々の暮らしのワンシーンをカメラに収めていて、思い出として綴っています。

Instagramを始めた時は、色々な人の暮らしの一部を見て楽しむことが多かったですが、今では私自身の生活の一部をたくさんの人に見てもらっています。

カメラで生活の一場面を切り取り、発信することで日々の暮らしがより充実し、楽しみながらたくさんの人達と共有し合い情報を交換しあうことは、私にとって新しい小さな幸せや楽しみになっています。

そういった意味で私にとってInstagramは必要不可欠なツールになっています。

これからも日々の暮らしを楽しみながら情報発信していければと思っています。

あわせて読みたい!

お家でお菓子を作ったら、おいしい写真の出来上がり。

朝食は、思いを分かち合う瞬間。

写真で残す、コーヒーログ。

Pocket
LINEで送る