SNS時代のフォトグラファーガイドブックとは?

Pocket
LINEで送る

ヒーコ初の公式本。「SNS時代のフォトグラファーガイドブック」(以下、本著)を発表させていただきました。突如発表された、フォトグラファー7名が書き上げた一冊。この中に一体どんな内容なんだろうかと首をかしげている全国の写真愛好家のお客様はいらっしゃいますでしょうか。こんばんは、黒田明臣(@crypingraphy)です。

本著は、ヒーコが企画と監修を行いまして玄光社さまより出版していただく一冊になります。自分は本著の企画者でもありますが、著作者としても数ページ書かせてもらいました。この本を通して何を伝えたかったのか。本著の冒頭で私が書いている一部も抜粋しながらお伝えさせていただきます。

はじめに

ヒーコから本が出ると知り、真っ先に「写真の技術本」であると思った方は少なくないのではないでしょうか。

たしかに、ヒーコがメディアとしてテクニックの発信やセミナーを開催する理由の一つとして、プロアマを問わず写真を楽しんでいるフォトグラファーと共に知識を共有するという目標や、一億総フォトグラファー時代のクリエイティブ価値向上を掲げているというのがあります。

SNSと写真

しかし、本著はそういった写真の技術教則本でもなければ、撮り方教本でもありません。

書店やアマゾンを見渡せば、ハウツーという観点で様々な本が出版されており、そのどれもが魅力的です。我々も新興ながらウェブというプラットフォームで同様の発信をしている立場でもありますが、だからこそ違うアプローチができるのではないかと考えた結果が本著になります。

具体的には、いくつかの思いがあります。

  • フォロワーを増やすだけがSNS運用ではないということを伝えたい
  • SNSは魔法のサービスではないということ
  • SNSを活用してフォトグラファーとしてのポジションを確立した人たちの声
  • フォロワーやいいね!の数だけではないSNSとの向き合い方を経験者の口から伝えたい
  • SNSだからこその考え方や注意点など、写真はやっているけどSNSをどのように活用したら良いかわからない人たちのためのガイドブックが必要なのでは?

などなど。様々な思いから、異なるスタイルをもつ7名のフォトグラファーで今回構成させていただくことになりました。自分をはじめ、SNSを中心とした活動を繰り広げているフォトグラファーが、各所で注目されるようになってから既に数年が経っており、フォトグラファーのSNS活用も成熟してきた昨今。

そんなSNS時代をサバイブする、しようとしているSNS時代のフォトグラアファーに向けて、基本的なSNSの理解から、これまで語られてこなかったクリエイティブ戦略アウトプット戦略などを実例を交えて紹介するのが本著の狙いです。
 

写真家がSNS時代を活用するための戦略や思考に足を踏み入れた一冊

ここからは、本著の冒頭で執筆させていただいた内容を、一部引用してご紹介します。

SNSと写真の関係

SNSとは

いつからか、SNSという言葉が当たり前のように独り歩きしているとは思いませんか。Social Networking Service(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)、通称SNS。

人間は友人、家族、親族、恋人、同僚、知人といった「つながり」を持っていて、それが社会を成しています。SNSとはこの社会的ネットワークをウェブ上で構築可能にするサービスの総称です。

画像投稿サービスの登場

インターネットの爆発的普及から20年近くが経ち、写真についてもウェブ上で公開することが当たり前になりました。Flickrや500pxといった画像投稿系サービスも盛り上がりを見せましたが、その舞台もいまはSNSに移っています。

結果、SNSでの活動が写真家としてのバッググラウンドとなったり、アイデンティティとなったり、インフルエンサーのような存在となったりというように商業での活動につながる人たちが増えてきました。

インターネットという革命

フィルムからデジタルへの変化は大きな転換だったと想像するに難くありませんが、ここにインターネットというもう1つのパラダイムシフトがあったことは言うまでもありません。

インターネットの出現は、多くの物事を変えましたが、写真という観点でもデジタルカメラとインターネットの掛け算による爆発的なフォトグラファーの増加がありました。

何よりも、私自身がその内の1人です。デジタルカメラだけでは写真に夢中になることはありませんでした。SNSとデジタルカメラが掛け算になったとき、ここまで夢中になれる自分と出会ったのです。

写真業界におけるSNSにフォーカス

デジタルカメラの出現によって、RAW現像やレタッチといったデジタルならではの書籍が多く流通しましたが、本書では写真業界におけるもう1つのパラダライムシフトであるインターネット・SNSにフォーカスしていきます。

SNS時代、どう立ち振る舞うべきなのか

本書は、フォロワーの増やし方を解説する本ではありません。このSNS時代にフォトグラファーとしてどのうように立ち振舞うべきなのか、その指針となるような1冊を目指して制作されました。

私を含め、SNSを活用する7名のフォトグラファーの思考・信条を通じて、これからSNSをはじめようという方、写真家として利用してはいるものの、いまいち使い方がわからないといった方にとって、良きガイドブックとなれば幸いです。

本の予約はこちら

ご予約はこちらから

詳しい目次内容はこちら

SNS時代を生き抜くヒントが満載!ヒーコ初の本が11月20日(水)発売決定!7名の豪華フォトグラファーを初公開

Pocket
LINEで送る